ハウスメーカー 特徴

ハウスメーカーの特徴

ハウスメーカーの特徴としてはどのようなことがあげられるのでしょうか。

 

ハウスメーカーで建てる場合のメリットとデメリットについてみていきましょう。

 

まずハウスメーカーで建てる場合のメリットとして、会社自体が大きく、ブランド力、安心感があり非常に安定しているということがあげられます。

 

ハウスメーカーの場合は簡単に倒産するというリスクはまずありません!

 

そしてハウスメーカーでは営業マンや現場での施工、アフターに関してなど仕事が細かく分担されており、組織の体制が整っており対応力が良いということもあげられます。

 

ハウスメーカーでは基本的に住宅展示場があり、カタログも豊富に用意されていますので、家づくりにおいてイメージしやすいということも大きなメリットではないかと思います。

 

その他には、住宅ローンのサポートも徹底されていますし、品質が安定している、アフターや保障がしっかりとしているということがあげられます。

 

 

一方ハウスメーカーで建てるデメリットとしては、まず価格が高いということがあげられます。

 

ハウスメーカーの価格には、住宅展示場の維持費、CM代、豪華なパンフレット代、人件費などが価格に上乗せされており、家の価格はどうしても高くなってしまいます。

 

そして標準仕様からオプションに変更する場合は、費用がかなり高額になってしまうということもあげられます。

 

その他には注文住宅であっても、何かと規定があり自由度が低くなってしまう場合もありますし、

 

ハウスメーカーで家を建てるといっても実際に家を建てるのは、下請けの工務店が担当しますので、家の出来に大きく影響することもあります。

 

またハウスメーカーの大きな特徴として、担当の営業マンによって良し悪しが大きく左右されてしまうということです。

 

良い営業マンに当たれば、細かい要望にも応えてもらえたり、様々な提案の中から満足のいく家づくりができますが、あまりやる気のないような営業マンが担当になれば満足のいく家づくりができないどころか、クレームやトラブルの原因にも繋がります^^;

 

ハウスメーカーの工法の特徴としては、ハウスメーカーによって異なりますが以下の工法が取り入れられています。

 

・木造軸組
柱と梁などを軸としてくみ上げていく工法で日本の伝統的な工法だとされています。

 

・ツーバイフォー
北米から輸入された工法で、断面2×4インチの枠組みと面材で天井、床、壁を支えるといった工法。

 

・鉄骨住宅
鉄骨を主要部材とした工法。

 

・木質住宅
工場でパネルをつくり、現場で組み立てていくといった工法。

 

・ユニット住宅
工場でボックス型のユニットをつくり、それを現場で組み立てていくといった工法。

 

・コンクリート住宅
鉄筋コンクリートの壁パネルを工場でつくり、現場で組み立てていくといった工法。

 

ハウスメーカーによってもそれぞれ特色がありますので、事前に各社の特徴を把握しておくと、ハウスメーカーを絞っていく上で非常に役に立ちます。